MENU
    パパ活アプリランキング

    パパ活アプリペーターズで月に5万円稼いだ専門学生の体験談。

    くみです。関東に住んでおり、28歳です。パパ活は7年ほどやっていて、始めたときは、今ほど「パパ活」という名前が流行っていませんでした。学歴としては美容専門学校を卒業してまして、現在は在宅ワークをしています。

    周りの知り合いがやっていて、「え?そんなかんたんに稼げるの?」と興味を持ったからです。

    わたしは結構潔癖症なところがあって、からだの関係やキスなどは好きでもない人としたくなかったし、
    キャバクラのようにシフトが決まっているのが苦手だったので、融通のきくパパ活がピッタリ!!って思いました。

    あとは、アルバイトよりも時給単価が高いですし、好きな物も買ってもらえて、食べたい物食べさせてもらえて、しない理由がありませんでした。

    目次

    ペーターズはとにかくマッチングが早く稼ぎやすい

    とにかく会員数が多いので、マッチングに困ることはありませんでした。

    「今週3人くらい会いたいな〜」と思えば、すぐに約束ができる感じでした。

    お相手の年齢層としては、お若めの方が多い印象が強いです。
    アナログタイプの男性じゃなくて、いまどきの男性って感じが多い。

    あとは、一人一人と丁寧にやりとりして会う子を決めるよりも、「とりあえず会ってみましょう」ってスタンスの方が多くて、「写真詐欺に何度もやられて実物と会うまで信用できないんだよね〜本当別人なんだもん。」って言ってる方がちらほらいました(笑)

    個人的には、みんなが見れるプロフィールにモザイクなしの自分の顔写真をのせることには抵抗があったかな。
    男性側からしたら、外見もわかんないのに初回お手当の約束なんてできるかよ!って話なんでしょうけど。

    ペーターズは会員数が多いので内容がパパ活の範囲で大丈夫!

    女性の需要より男性の供給の数が少ないと、お手当の額も必然的に少なくなってくるし、内容もエスカレートしてくるので、会員数が多いのはメリットでした。

    あとは、マッチングに困らないことも。

    デメリットとしては、パパ活に向いてない男性もノリで登録してる感じが見受けられました。

    会員数という母数が多いので、紳士的ではない男性が紛れ込んでるのは仕方のないことですが。

    あとはマッチング数が多いので男性側が女性側に対して(逆も同じですが)、会う前にひとりひとりと丁寧にやり取りしない方が多かったので、実際会ってみるまでまともな人なのか賭け、ってところはありました。

    そこは、やり取りがめんどくさい人にとってはメリットかもしれません。

    ペーターズのお手当が1回5万こえるのは本当。

    実際に7年間であった人は以下の通りです。

    • 経営者さん
    • 個人事業主さん
    • 会計士さん
    • 会社員さん
    • 市場の職員さん

    何十人も会ってるので年齢はバラバラなんですが、わたしは30後半〜50代くらいをターゲットにしてました。

    一番続いたパパさんは飲食店の個人事業主をやってる方で、車で近くまで迎えにきてもらって、10万円くらい買い物させてもらって、一緒にご飯食べて、帰りも近くまで車で送ってもらってました。

    お手当は基本5万円でしたが、欲しいものや引っ越しでお金が必要なときには、10万円、20万円など、お手当のほかに渡していただいてました。

    からだの関係は一度もなくて、買い物中だけでもいいから一緒に歩いてるときに手を繋いだり、腕を組んでほしいと言われましたが、結局しないで普通に歩いてました。

    夜ご飯を食べるときは一緒にお酒を飲んだりもしましたね。


    お酒を飲むとこっちがいつもよりはじけた感じになって、心を開いてくれるから嬉しいって言ってました。

    してあげるより、してもらうことばっかで反省です。

    パパ活を7年やって感じた魅力について

    パパ活を7年やってしまったわけですが、正直金銭感覚が変わります。

    パパ活のメリットはスケジュールや選択の融通がきくこと。

    一般的な自分への評価と関係なく、自分自身のことを気に入ってくれるパパが現れれば一気に大きな額を稼げること。

    愛人クラブみたいなところに登録すると、モデルでデート一回いくら、みたいな相場があって合わせなきゃいけないです。


    あと、プッシュしてもらうために、クラブのスタッフさんにも気に入ってもらわなきゃいけないのが面倒でした。

    パパ活だと自分の努力でどうにかなりますよね。


    最初は食事で一万円ね、ってお話しで会ったら、そこでこちらに魅力を感じてくれれば、お食事の先の金額の相場はないのと同じでした。

    わたしはいくら欲しいけど、どうしたらその金額でむこうは納得してくれるかな?って作戦を練れる(笑)

    そういう駆け引きの楽しみがありました。

    稼げてもパパ活で生活するのはやめた方がいい

    パパ活やっていると社会人なんてやってられない・・・って思うかもしれませんが、できればパパ活一本にするのは辞めたほうがいいです。

    後はひとりに絞り過ぎるのも良くないです。

    「パパに他のお気に入りの子ができて、突然切られたらどうしよう・・」って、稼いで安心したいためにパパ活やってるはずなのに、お金の不安の方が大きくなってしまうからです。

    パパ活一本にするなら、複数のパパを作っておいた方が心の余裕が持てますよ。

    心の余裕がないと、パパに心地よい時間と空間を提供することは無理です。

    自分でも焦りが出て、がめつくなるのがわかります。


    そうすると、パパのことよりも自分中心の発想と行動になってしまうから、パパも居心地が良くなくて「会いたいな」って思ってもらえなくなってしまいます。

    このパパはなんでパパ活してるんだろう?
    何を求めてるんだろう?
    パパをどうしたら喜ばせてあげられるかな?

    ってことを大事にすると、お手当をあげてくれたりします。


    相手から奪うよりも、自分から与えた方が長期的に見たら稼げます。

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる